デザインデータは美しさが目的にならないように気をつけましょう

デザインデータの整理性や美しさが気にし始めると、真面目な人は、本題のデザインよりも異常に時間を費やしてしまうことになり本末転倒になる。デザインしていくなかで自然と整理されているように習慣づけをする程度で十分だから、その習 …

デザイン理論は感覚の延長線上に存在する。

コンセプトから考えるプロセスもあるが、逆に感覚から始めたら、それが案外理論的にもうまくいくこともある。形から考え、言語化したときにその形で説明しきれいところを徐々に変えていくというワークフローも多い。 つまりはデザインの …

ゆるいデザイン

厳格であることは、規律をもたらすが、ユーザーにプレッシャーを与えることもある。 その点、ゆるさはルールが乱立するものの、ユーザーが心を構える必要がなく、今までできなかったことに対してもチャレンジしていく姿勢を与えることが …

自然の摂理でものを見る

なんか自然と気持ち悪いな、綺麗じゃないなと思うものはきっといいデザインではない。それがどこかを見る能力と、人がもともと持っている感性を大事にすることで、すべてのものを正しく見ることができる。 感性を大事にするには、五感を …

サイト全体の画像のアスペクト比を統一する

メモ書き。 画像のアスペクト比を統一することで、サイト全体の統一感が増す。 一種類だと必ず足りなくなるので、数種類か。またアイコンなどは例外になるが、それでもそのアイコンもアスペクト比を固定させたほうが、CSS設計などで …

スタイルガイドなのか、デザインシステムなのか、デザインガイドラインなのか

スタイルガイドやデザインガイドラインという言葉はよく聞くが、デザインシステムはあまり聞かず、なんとなくわかるもの一応調べてみた。 デザインシステムとは デザインシステムとはサービスに関わっているデザイナー、エンジニア、デ …