別ドメインの iframe 内の情報はクロスドメインのセキュリティ制約によりブラウザでエラーが発生してしまうため、通常は閲覧できないが読み込み先で postMessage を送信し、読み込み元でそのメッセージを受け取るプログラムを記述することで取得が可能となる。

// 読み込み先
let text = 'メッセージ';
window.parent.postMessage(["message", text], "*");
// 読み込み元
window.addEventListener('message', e => {
  let eventName = e.data[0];
  let data = e.data[1];
  if (eventName === 'message') {
    console.log(data); // メッセージ
  }
});