テンプレートリテラル

ES6から利用できるようになったテンプレートリテラルは、単純にバッククォートで囲むだけ。

いままで制御文字を入れて改行していたところを、そのままの改行で表現できる(いままで通り制御文字を使っても大丈夫)。

let test1 = "Hello \n World!";
let test2 = `Hello
World!`;
conosle.log(test1 === test2); // true

また「${〜}」の記法を使うことで、変数や計算式を入れることも可能。

let hoge = 'World';
let test = `Hello ${hoge}!`;
console.log(test); // Hello World!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA