BFF

略されたら案外わからない。Backends for Frontendsのこと。

参考:https://www.atmarkit.co.jp/ait/spv/1805/18/news022.html

ソケット

プログラムとネットワークをつなげる接続口のこと。プログラムでネットワーク通信部分を担当するもの。
SQLのソケットとかよくきく。

ランタイム

実行時のこと。Webの場合、Webpackとか使っているときにdependencies以外のリソースのことを指す。

トレイリングスラッシュ

URLの末尾につく、「/」のこと。

TL;DR

Too Long, Didn’t Readの略。文章が長すぎるから読まない。要は要約の意味。やや失礼な言い方のため、フォーマルな場所では使わないほうがいい。

JIT(Just-In-Time Compiler)

ソフトウェアの実行時にコードのコンパイルを行い実行速度の向上を図るコンパイラのこと。
モダンブラウザのコンパイラはTypeScriptを使用するなどして型を意識した開発を心掛けることでJITの恩恵を享受できる可能性がある。

E2E(End to End)テスト

User Interface Testとも呼ばれ、システム全体を通してテストを行う。
Webサービスの場合は、ユーザと同じようにブラウザを操作し、挙動が期待通りになっているか確認する。

jwt(ジェット – Json Web Token)

電子署名付きのURL-safe(URLとして利用出来る文字だけで構成される)なJSONのことです。
電子署名により、JSONの改ざんをチェックできるようになっています(つまり改ざんできないJSON)。
OAuth2.0という認可の仕組みのアクセストークンとして採用されている。
下記は利用ケース(引用)。

(1)クライアントは、認証情報 (ログインID + パスワード) を送信する。
(2) サーバは、認証情報を確認して user_id と exp (有効期限) を含む JSONを 秘密鍵で暗号化して JWT として返却する。
(3)以降クライアントは、認証済みリクエストとして JWT を利用して通信をおこなう。
クライアントからの送信される JWT はサーバで秘密鍵を利用して改ざん検証をおこなうため
user_id や exp の改ざんを検知することができます。

https://qiita.com/t-toyota/items/8d0ffb265845ab8cc87c

イースターエッグ

隠しコマンド

イミュータブル(immutable)

不変、変わらない、という意味。
プログラミングにおいては、オブジェクトの状態が変わらないことを示し、つまり予測可能であることを意味する。

エンティティ

実体のあるなしに関わらない存在のこと。対象を示すときなどに使用される。

スナップショット

その瞬間を切り取ったもの、記録。ファイルやデータだったり、テストの場合にはそのテスト結果やスクショなどになる。文脈によって意味が変わる。

Above the fold

ファーストビューのこと。

フェイルオーバー

システムやネットワークで異常が発生した際に、自動的に冗長なシステムに切り替える機能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA