やる気の法則

船井総研の創始者である船井幸雄氏が提唱した経験則。
これに当てはめると、モチベーションの高い仕事ができる環境はやらされている仕事よりも2.5倍ほど作業効率が違うということになる。

仕事の内容 成果
やらされている仕事 1.0
納得している仕事 1.6
自ら進んでする仕事 1.6の2乗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA