ソース:https://creator-economy.jp/n/ne52fe5d8d586

クリエイターエコノミー協会(以下、本協会)は、消費者庁、経済産業省や議員のみなさんと協議を重ねた結果、プラットフォームが一定の条件を満たせば、その利用者は「特定商取引法に基づく表記」においてプラットフォームの住所や電話番号を記載する運用で問題がないとする見解を消費者庁から受けました

https://creator-economy.jp/n/ne52fe5d8d586

個人がプラットフォーム上でコンテンツ販売をする場合、事業者に該当すると特定商取引法により住所や電話番号を記載しなければならなかったが、一定の条件を満たした場合、プラットフォームの情報の記載で問題がないようだ。