例えば REST API の場合は、API の使用方法(仕様書、エンドポイントなど)を Swagger などでまとめる必要があるが、GraphQL の場合は GraphiQL を使えばAPI仕様書としての役割を果たしたり、自分が欲しいデータだけを調べて取得することができるので、REST API と違い無駄なペイロード(送信データ)が発生したり、遅延や負荷がかかりにくくなる。
また Codegen を使って型を生成できるのも魅力。